「ほっ」と。キャンペーン

妄想力を高める方法

薬を使わずにうつ病を和らげるために、もう双方を取り入れてみてはいかがでしょうか。ストレス性の障害に効果のあることが知られていて、正式的な医学の一分野として研究され実践もされています。妄想法は気軽にできるリラクゼーションで、集中できる静かな場所で毎日朝と夜に10~20分程度行います。1日良い会なら就寝前がおすすめと言われていて、姿勢は椅子に座るか床に正座をして軽く目を閉じて、ゆっくり腹式呼吸をして意識を集中して行います。妄想を始めてから最初の数風は気が散りやすく、集中するのがかなり難しくなりますが、じょじょに集中力が高まることで、やがて徐々に穏やかな意識状態を取り戻すことができます。意識的に集中することでそれまでの否やことを忘れることができ、どんどん楽しいことを頭のなかで植え付けることにつながります。
[PR]
# by kinousurig | 2016-08-16 13:26

レクサプロか森田療法か

たしかに精神的な部分にダメージを受けることでレクサプロなどの薬を服用すれば、それはそれで和らげることに繋がると思いますが、それで本当にイカというと、完治することにはつながりません。むしろ、依存性が高くなるために、注意しなくてはいけないことが多いです。そのために、レクサプロなどの抗鬱薬は最終手段と考えるべきです。

たとえば、抗うつ薬ではなく、森田療法はどうでしょうか?日本人の精神外科が開発した両方で、自分の神経症体験を元に解説した両方で、症状が長く続くうつ病に有効とされています。不安や恐怖を排除するのではなく、それを自然な感情としてあるがままにするわけであり、例えばそれらはやがて自然に消えていくものだと考えるんですね。精神の中で自分の言い聞かせることで、徐々にその環状が治まってくるというふうに言い聞かせるようにするわけなんです。

かならずバランスは崩れるものなんですが、どのようなことをしたら良いのかをつ合えながら進んでいくこと。不安や恐怖は自然に消えていくものだということを体で覚えさせるということになります。あくまでも一つの方法でありこれで本当に効果があるのかはわかりません。確実性があるのはやはり抗うつ薬になりますが、最後の砦という感じでいいと思います。


[PR]
# by kinousurig | 2016-08-14 13:24

ヘルシーで美味しいほうれん草

鉄分たっぷりのほうれん草。
ほうれん草の旬は今の時期かな?12~2月。少し寒い時期なんですが、ほうれん草が取れるそうです。女性に不足しているミネラルの鉄分を補う野菜として、長く愛されてるんですよね。他にも、抗酸化作用のあるβカロテン、ビタミンCやK、葉酸、カルシウムなどが豊富に含まれています。

生でも食べられるサラダほうれん草も人気なんですが、風邪予防や老化予防にもいいほうれん草を食べて、冬も元気に過ごし、これから先の健康に繋がるはず。

冷え性の予防なんかに良いかと思いますね。

ほうれん草はいろんな料理に合うために、ぜひぜひ今の時期には毎日のように食べたい。人参の薄切り、スライスチーズ、豚スライス肉を春巻きにしてから、皮で巻く。結構美味しいですね。クッキングシートを巻いた上に並べて、オーブンで焼くだけでも、お意識いただけることができる。

[PR]
# by kinousurig | 2016-02-02 08:01

夏に免疫が下がる

冷房の効いた室内と暑い室外との温度差が体には大きな負担になると思う。そういった環境の中でどういった体の調節をするか。考えてもわかるはず。

また、天気が変わりやすく、気温や気圧の変化もそのストレスが免疫を下げると言われてる。考えてからほんとうに大切なことを自分にとって重要カチのあるものを使う。夏はよる、空調を工夫してから暑さでなかなかぐっすり眠れないもの。

睡眠時間が短くなり、不規則になることで、免疫力の低下も招きやすい。夏は気温が高いため細菌やウイルスが繁殖しやすく病原体の活動が活発化。病原体の活動が活発になり、その分病気にかかりやすくなるために結果として免疫力が下がると言われてるんですね。


[PR]
# by kinousurig | 2015-09-27 17:45

体の調節を考える

時間がかからない痩せ方。
痩せるとどうしても脂肪を落とすことになる。食事による摂取カロリーを減らすか、運動によって消費カロリーを増やすかのどちらかが重要だと私は思う。でも、食事を改善して摂取カロリーを減らす方法が、ダイエットに欠ける時間は少なくてすみ、数ヶ月と短期で脂肪を落とせる。

しかし、太りにくい体になるのかもしれないが、スムーズに痩せることは難しいと思う。この部分をドウケアしていくかが重要。

簡単ではないとは思うのですが、どのようにしたら、体をうまく調節できるのかを考えなくてはいけませんね。

体の調節を心がけることで、しっかりとした体になってくれるはず。

[PR]
# by kinousurig | 2015-01-15 16:48

悩みを改善する方法


一時期は髪を長くすれば隠すことができていたんですが、今では対応ができないように思います。ん~、、恥ずかしいように思うのですが、どうにかしてこの悩みを解消するに、どうしたらよいのでしょうかね最近考えています。。私は30代に入ってから、かなりストレスを感じていると思います。でも、だからと言って、それなりの解消法などを色々と考えているのですが、しかし、全く前に進めない感じ・・・。

その一つが、髪の毛が一本一本抜けているところです・・・・。ここまで抜け毛に悩まされているとは思いませんでしたね、、、とげ~と言う感じです。
自分なりに色々と考えているのですが、やはり、ストレス解消だけでなく、他のことをしなくてはいけないと思っています。そこで、利用しているのが育毛剤です。薬用プランテルと言う細心の育毛剤で、日本では取れない植物から利用できる栄養分を吸収し、これが育毛剤から吸収することで、悩んでいる部分を解消できるそうです。これはうれしいものなんですね~。

今の段階でかなり薄毛に悩んでいるのですが、やはり悩みを改善するにはそれ相応の対策をしっかりと取っておかなくてはいけないと本当に思いますね。そうすることで、悩んでいる薄毛をしっかりと改善し、ストレスなども、知らないうちにどこかに吹っ飛んでくれるのではないでしょうか?
とにかく生える毛生え薬の「ミノタブとフィンペシア」の内服薬の効果とは?
[PR]
# by kinousurig | 2014-06-14 15:54

ミノタブとフィナステリド

どうにかして薬を使わずに、髪のケアができないでしょうか?探しているとプロペシアと言う医薬品があります。しかし、私は、他にも薬を服用しているために、どうしても併用はできないと記載してありました。そのために、プロペシアのフィナステリドを服用すると、副作用などが起こりかねないために、どうにかして違った部分で同じような効果が出たらと思い、探しているわけですね。

どうしても、ミノタブを利用するときはふぃんすテリドを使うことは必要不可欠だと思いますね。ミノタブは血圧を下げる効果があり、そして、血管を拡張し、頭皮に栄養分を与えることで、発毛効果に期待することができます。しかし、男性型脱毛症を予防することまでは効果がないために、この部分にフィナステリドを服用することが重要になるわけですね。

フィナステリドだけでもダメ、ミノタブだけでもダメ、この二つを服用して使うことが重要になるわけですね。この部分を考えて、同プラスにして前に進んでいくかが重要になると思います。抜け毛予防に対しての対策は色々あるともいますが、成分を考えた時にしっかりと必要な部分を選ぶことが重要になりますね。
こちらにわかりやすく記載しています。
[PR]
# by kinousurig | 2014-06-07 19:57

必要な漢方薬


基礎体温の測定と生活改善に加え漢方薬の飲み始め。最近はめっきり健康に心がけています。そこで、さっそく体質改善に取り組むことに、一つは現状を把握するために基礎体温の測定です。グラフが体温層と低温層の二層に分かれるかどうかで、無排卵かどうかもわかるそうです。もう一つは、規則正しい生活と食事の改善になります。

イライラした特は深呼吸をして気持ちを落ち着かせるというアドバイス、靴の舌を履いたり、1枚多く重ね着して冷え対策も万全にする。お風呂も熱いお風呂に長く入ることは血の流れの消耗を助長するそうなので、半身浴化足湯がいいそうです。

血を譲ってめぐりを良くしたり、子宮や排卵の働きを助けたりする。この部分は漢方薬にどう効果があるのかを考えています。3つは毎日取るようにして、「カンゲンカリユ」「フホウトウキコウ」「サンジョウホケツ」と言う漢方を毎日欠かさツ吸収するようにしています。
[PR]
# by kinousurig | 2014-05-14 15:54

改善を図ることが大切に案るはず


年配の人をいたわることはすごく大事だと思います。しかし、親が認知症になり、毎日のようにケアしているとかなりつらくなると思います、互いに。そうするとどうしたらよいのでしょうか?介護が大変になってくると、ついつい後回しになるのが自分のことです。友達づきあいの時間も毛釣り、美容院にも行けなくなる、、、すると、ストレスもたまってしまいます。

やがて服装にもかまわなくなって別人のようになってしまうのではないでしょうか?また、疲れすぎて入浴や歯磨き、化粧などの日常のケアすらできなくなることも、、、これは正直つらいことになると思います。このようなうつのサインに周囲が早めに気づくことも一つ重要になると思います。そこで、どうするのか?

まずは、専門に相談することが大切ですね。まずは自分だけで解決せずに、同じように悩んでいる人がいたら、その所で改善をはかろうとすることがまず大切になると思います。
[PR]
# by kinousurig | 2014-05-07 19:57